福島県立医科大学 心臓血管外科 公式サイト

一般財団法人 福島県教職員互助会

未分類

ホーム > 未分類 > 先天性心疾患治療について

先天性心疾患治療について

はじめに

「一緒に力を合わせてこの難局を乗り越えましょう。」手術説明の際に私がご両親にかける言葉です。心臓病のこどもは100人に1人の頻度で生まれ、そのうち8割のこどもに手術治療が必要とされています。思ったより多いと思いませんか?これまで当院で多くのこどもたちが心臓手術を受け、笑顔で元気に退院していきました。しかし、ほとんどの家族にとって、愛する我が子の心臓手術は初めての経験であり、手術に向けての不安は言葉では言い表せないほどでしょう。心臓手術は、ホクロの切除や、まぶたを二重にするような手術とは一線を画します。生命に係わる手術なのです。不安を取り除き、少しでも家族の気持ちに寄り添った治療を行いたい。ご両親と私たち医療者は病気と戦う同士なのです。我が子を治療するつもりで、全力で治療に望みます。冒頭のことばはその気持ちの現れです。今の難局を乗り越えれば未来が拓けます。さあ顔を上げて、勇気を持って一緒に頑張りましょう。

講師 若松大樹 医学博士

Hiroki Wakamatsu, MD, PhD

栃木県立栃木高校卒

平成11年 福島県立医科大学医学部卒

外科専門医

心臓血管外科専門医

心臓血管外科修練指導者

心臓血管外科国際会員

 

当科での治療対象心疾患

  1. 心房中隔欠損症
  2. 心室中隔欠損症
  3. 動脈管開存症
  4. ファロー四徴症
  5. 房室中隔欠損症
  6. 大動脈縮窄症
  7. 大動脈離断症
  8. 両大血管右室起始症
  9. 大血管転位症
  10. 総肺静脈還流異常症
  11. 三尖弁閉鎖症
  12. 単心室症
  13. 成人先天性心疾患
  14. その他

 

診療について

心臓病を抱えたこども達は県内各地から当院に集まってきます。そのため多岐にわたる疾患に対して、幅広い治療が求められます。東日本大震災の年に手術件数の減少がありましたが、最近は増加傾向にあります。当院にはNICU(新生児集中治療室),PICU(小児集中治療室)があり、新生児や乳児の手術割合が多い特徴があります。成人期に達した先天性心疾患に対する外科治療も行っています。手術症例数や、手術内容にも若干の違いがあるため単純な比較は困難ですが、全国成績に比べても良好な治療成績を収めています。

 

①手術症例数の変遷